お中元の話

posted in: 社長ブログ | 0

こんにちは。

まだまだ雨は続いており、気が滅入ってしまいそうな感じですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

夏になると真っ先に思い浮かぶのは私はお中元です。

普段お世話になっている人へのお礼と言うことで
今年もたくさんの方々にお世話になったなぁと感じており
そのお世話になった方々のおかげで会社が運営できているんだなぁと
感慨深く感じており、感謝しながら配っております。

そもそもお中元とは、新暦7月15日または8月15日に行われる「中元」という中国由来の宗教が元となっているようです。(Wikipedhiaより)
その時期にお世話になった人に対してのお礼本来のお中元の形のようですが、今はそんなの関係なしにお世話になった方に渡してますね。

こういうのは気持ちの問題だと思うので、感謝の気持ちを込めて渡していけばそれでいいんじゃないかなって思っております。

このお中元の数が増えるか減るかが私たちの成果にも繋がってくると思うので

もっと増えるように努力していかないとな。。。
そう感じている次第です。

そんな物差しでお中元を見てみると

惰性的に渡すだけじゃなくて面白いかなーって(笑)