「南柏が五輪警備に!」南柏駅コミュニティバス停に 「五輪警備保障(株)入口」副バス停に当社の名前が入ります

五輪警備保障株式会社(千葉県柏市、代表取締役:畠山裕規) は本日、
流山市より「ぐりーんバス・南柏駅 西口」バス停に
「五輪警備(株)本社入口」の副バス停名の命名権を取得いたしましたのでご報告いたします。

 

 

■当社の副バス停取得の経緯

当社は柏市の地元密着企業として、40年あまり柏市近郊の警備業を受託してまいりました。
この度創立40周年を記念して、当社本社が設置されている「南柏駅」にあるコミュニティバス停について
バス運営元である流山市と協議を行い、副バス停として「五輪警備保障(株)入口」という名前を命名することとなりました。

副バス停命名権取得

現在、当社は社会貢献として地元地域の存在感の向上を目標としており、地元地域の住人の方々が
当社をより身近に感じて頂くことにより、より社会的な認知度の向上や近隣地域の安全性の向上が
見込まれる確信しております。
また、今後についても関係各自治体と連携し、様々なイベントなどに積極的に参加してまいりたいと考えており
これらが地域活性化の一助となると確信しております。

副バス停「五輪警備保障(株)入口」概要

・新バス停名:「南柏駅(五輪警備保障(株)入口)」

・設置場所:南柏駅西口 BIG-A前

・契約開始日:2018年10月1日より1年間

・設置予定日:本日(9月12日)

・所有者:流山市(東武バス株式会社)

 

当社について

当社は主に施設警備(1号警備)と交通警備(2号警備)の業務を承っており、千葉県柏市・流山市・松戸市を中心に千葉県全域に対してお客様の安全と安心を提供する企業です。

 

今後の展開

今後につきまして当社は積極的に関係自治体との連携を密に行い、社会貢献企業として
本業はもちろん、様々な形で地域に貢献していく所存でございます。